「この世界の片隅に」を見逃しましたか?

レンタルするより早くて確実!見たいときに見れて便利な配信サービス!

ポイントを利用すればよりお得ですよ!

TBSドラマ「この世界の片隅に」順次配信中です!

本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。


ドラマ「この世界に片隅に」の放送日が近づいてきましたね。

どうやら仙道敦子さんがすずの母、浦野キセノ役を演じるようですよ!

仙道敦子さんはなんと23年ぶりのドラマ出演なのだそうです!

「この世界に片隅に」には仙道敦子さんを女優として復活させる
ほどの力があるのでしょうか?

そしてなぜ、23年もの間、は女優を引退していたのか。

仙道敦子さんが演じる「この世界に片隅に」のすずの母
浦野キセノとはどのようなキャラクターなのか。

読み解いていきたいとおもいます!

スポンサーリンク


【この世界の片隅に】(ドラマ)仙道敦子ってどんな人?

仙道敦子さんが最後に出演したドラマは
「テキ屋の信ちゃん5 青春 完結編」というドラマです。

これは1995年に放送された単発のドラマで放送局はTBSです。

「この世界に片隅に」も放送はTBS。
つまり同じ局ですね。

23年前、仙道敦子さんが出演した最後のドラマがTBSだったんですから
そこから声がかかれば、仙道敦子さんも思うところがあってのかもしれません。

仙道敦子プロフィール

本名 緒方敦子

生年月日 1969年9月28日(48歳)

出身地 愛知県名古屋市

身長 160cm

血液型 B型

48歳、ということは、実際にすずくらいの娘がいてもいい年ですよね。
実際、息子にあたる緒形敦さんは21歳の俳優です。

進路には悩んだようですが、やっぱり役者の子は役者になる、ということですかね~。

まだ出演作品は「陸王」しかないようですが、今後が気になりますね。

2018年7月スタートの連続ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)で主人公・すずの母の浦野キセノ役を演じ、1995年放送の単発ドラマ『テキ屋の信ちゃん5 青春 完結編』(同局系)以来23年ぶりで(連続ドラマでは1993年『徹底的に愛は…』(同局系)以来25年ぶり[4])女優復帰する[5]。
wikipediaより

ということは最後にドラマに出演したときは25歳だった、ということですか。

久しぶりに見る当時のファンは驚いたでしょうね。

でも、当時の透明感はかわらない、という意見もたくさんあるようです。

スポンサーリンク


二の腕を細くするVinelアームシェイパー

スポンサーリンク


【この世界の片隅に】(ドラマ)仙道敦子はなぜ消えたの?

最後のドラマ出演を期に仙道敦子さんはテレビで見かけなくなります。

なにか事件でもおこしたの?と当時はささやかれたようですが
そうゆうわけではなく、主婦に専念することにしただけのようですね。

仙道敦子さんは1993年に緒形直人さんと結婚されています。

ドラマ最後の出演もちょうどそのとき。

結婚する前から、女優活動を休止することを決めていたと
思われます。

やめる、ではなく休止、というのは
この23年間、ずっと所属事務所である「研音」には
名前があったからです。

長期間芸能界を去るのに名前を残していたというのは
事務所もなかなか太っ腹ですね。

当時だからできたことなのでしょうか。

ということで、仙道敦子さんは消えたのではなく
活動休止していたというのが事実のようです。

スポンサーリンク


二の腕を細くするVinelアームシェイパー

スポンサーリンク


【この世界の片隅に】(ドラマ)仙道敦子を起用したTBSの英断

仙道敦子さんが女優として復帰する理由、それは
まぎれもなく育児がきっかけでしょう。

仙道敦子さんには3人の子供がいます。

長男の緒形敦さんは21歳。

長女の情報は公開されていませんが、高校生から
大学生の年齢と推測されます。

末の子も10代のようです。

つまり、ちょうど子供に世話がかからない時期に
なってきた、と。

女優としての活動を再開する下地ができてきたということですね。

そのことをTBSは考慮していたのか。

仙道敦子さんの育児経験が、役として存分に生かされると判断したのか。

「この世界の片隅に」ですずの母、浦野キセノ役のオファー。

これはうまい!

と思わざるをえませんでした。

そういえば、情報がない仙道敦子さんの長女は
原作のすず18歳とほぼ同じ年だと考えられるではないですか!

これはリアルマザーとして演じる以上のものが
見れるかもしれません!

すずも一人っ子ではない姉妹ですからね。
リアルリアル。

仙道敦子さんのことをTBSは忘れていなかったのか
適役を徹底的に探したのか。

やるやんTBS!ってなりましたね。

スポンサーリンク


二の腕を細くするVinelアームシェイパー

スポンサーリンク


【この世界の片隅に】(ドラマ)すずの母、浦野キセノの全て

仙道敦子さんのファンにとってはちょっと残念な
お知らせがあります。

あくまで原作の話ですが、すずの母、浦野キセノの出番は
非常にすくないです。

ドラマではどうなるかわかりませんけどね。

主な登場はすずの幼少期から、北條家に嫁ぐまでとなっています。

途中、すずは実家に帰るという展開があります。

それ以降は登場の機会はないのではないかと…。

というのも、浦野キセノは「この世界の片隅に」で
命を落としてしまう人物の一人なのです…

彼女が地元、江波の祭りの準備で広島に行っていたところ
ちょうど原爆が投下されます。

作中では結局見つからなかったとなっています。

間違いなく亡くなっているでしょう。

終盤は姿すら見ることがない浦野キセノ。

主人公すずも、その事実を知るのは
原爆投下からしばらくしてのこと。

気がついたら、もう大切な母親がいない…。

切なすぎる展開でした。

この流れはほんとにリアルで
独り立ちしたらそう頻繁に親に会うということは
ない、現代にも通じるものがあります。

次に会った母親の姿が棺の中だった、と言う人も
多忙な現代には多いのではないでしょうか。

原作の展開を知っていて、仙道敦子さんに
浦野キセノを演じられたら

かあちゃん( ;∀;)

となってしまいそうですね…。

「この世界の片隅に」を見逃しましたか?

レンタルするより早くて確実!見たいときに見れて便利な配信サービス!

ポイントを利用すればよりお得ですよ!

TBSドラマ「この世界の片隅に」順次配信中です!(2018年9月現在)