さよならミニスカート表紙

引用元:デジタル版りぼん1月号

さよならミニスカート4話では

光と仁那の今の心情が深く描かれていました。

 

いままで描写されていなかった仁那の

家庭環境や、光の妹が引きこもっている

という事実もわかってきましたね。

 

光の妹の名前が六花というのも分かりました。

 

光が犯人ではないという

アリバイが確定して

一安心。

 

いままであまり描写がなかった光の友人

正暉もたくさん描かれていたり。

 

仁那が

傷害犯に負けないと決意したり。

 

盛りだくさんでしたね。

 

それとピュアクラブのマネージャーが

以外と理解がある人でした。

 

さよミニ事務所の人

(この人は社長でしょうか)

 

光をはじめ、サラやピュアクラブのメンバー

とも絆を深めた仁那でしたが

まだたくさんの問題を抱えていることが

はっきりした回でもありました。

 

スポンサーリンク


さよならミニスカート4話のあらすじとネタバレ

 

サラから逃げ出した二人が逃げ込んだのは

さびれたライブハウス。

 

初めてライブした思い出の場所でした。

 

本当は光が怖いのに

気をつかって怖くないと嘘をつく

仁那。

 

その姿を見て、なぜ妹が

担任のセクハラを拒めなかったのかを

理解し、感情を爆発させる光。

 

気をつかって信じられても

うれしくないという光。

 

もっと徹底的に自分を疑ってほしいと

仁那に迫る。

 

光のことを信じたいし

疑いたくないけれど

刻まれた恐怖で怖がってしまう

仁那。

 

そのころ二人を追うサラと

マネージャーは正暉から

光が犯人ではないという

証拠を聞く。

 

事件があった当日

光は高校受験していた。

 

頭が悪い(事実は不明)光には

仁那のように入学式前に

編入試験に合格するのは無理だという。

(仁那は別の高校に入学予定だった(あるいは進学しない)が

事件がきっかけで引っ越してきた)

 

仁那と光がいるライブハウスについた

サラ達。

(なぜ行先がわかったのか謎。

皆にとって思い出の場所だから予測がついた?)

 

立てこもる二人。

光は犯人ではないと主張する仁那に

サラはここで犯人ではないと確認するように言う。

 

光を疑いたくない仁那だが

信じてもらえる方法をおしえてほしいと光に懇願される。

 

仁那は暴れる犯人の脇腹に3つのほくろが

あったことを光に告げ、光の脇腹を見る。

 

ほくろがないことを確認した仁那は

光を心から信頼し、恐れることなく泣きつく。

 

マネージャーからピュアクラブが存続に危機であることを知る仁那だったが

サラの呼びかけで集まったピュアクラブのメンバーは

仁那なしでも売れてやる!と宣言し、仁那を安心させる。

 

傷ついた今でもアイドルが好きな仁那。

しかしどうやって雨宮花恋にもどればいいのかわからない。

 

いずれにせよ犯人が同じ学校にいるのは危険だと判断した

マネージャーは明日にでも転校するように

仁那に提案するが、

「もう逃げたくない」

と、学校に留まることを決意する。

 

光も仁那に同意し、自分が仁那を守ると決意。

 

一方、仁那がアイドルの雨宮花恋だと知った未玖は

思い人の光を取り込んだことに怒りを感じる。

 

そしてその思いになぜか気付いている犯人。

未玖が仁那に余計なことをしないように警戒を始める。

 

皆の気持ちが近づく影で仁那には新たな悪意が向いている…。

 

スポンサーリンク


仁那の家庭環境

今回は仁那の両親が再婚していることが

わかりましたね。

 

あたらしい父親は悪い人には

思えないけれど

仁那にとっては複雑だったことが

推測できます。

 

本当は弟も妹もいらないのに

弟がいいと答える仁那。

 

自分の気持ちを

押し込めて、親の望む答えを

選びます。

 

どんなときでも笑っているから

アイドルが好き。

 

小さいころの自分が

アイドルのおかげで

笑えていたから

自分も笑顔を与えたい。

 

その気持ちは今も変わっておらず

自分の気持ちはどうでもいいと言っています。

 

弟は2歳と言われていますから

弟が生まれたのは仁那が花恋になったのと

ほぼ同時期だと思って間違いないでしょうね。

 

描写からして、仁那の母親が弟と妹どっちがいい?

と聞いたときにはすでに妊娠していたと思っていいでしょう。

 

スポンサーリンク


光の家庭環境

 

今回、仁那は心から光を信じることが

できました。

 

しかし、仁那はまだ光のことをよく

知りません。

 

光の父親のことはわかりませんでしたが

母親は、娘が引きこもっていることに

苦しんでいるようですね。

 

娘が担任のセクハラを受けているという話は

知っていると思いますが

警察や学校にどこまで訴えているのかは

今回はわかりませんでした。

 

担任は変わったのでしょうか。

 

光が妹の六花にピュアクラブのサインを渡すことで

六花も仁那と関わりを持っていくのでしょうか。