しんちゃんの声優、矢島晶子さんが
6月29日放送の「クレヨンしんちゃん」を最後に
しんのすけ役をやめるそうです。

年齢的にしんのすけの声を保つのが難しくなってきたとのこと。

これは矢島晶子さん本人の希望した降板だそうです。

しんちゃんを演じたあとはいつも声が荒れてしまうのだそう。

声優業は喉だけでなく、血圧とかにも影響するし
自らの降板の申し入れは正しいと思います。

喉への負担は咽頭ガンなどの重大な病につながりますから。

でも声優業は続けるそうなので嬉しい限り。

矢島晶子さんの他のキャラクターの演技を聞くと
びっくりするかも。

ぜんぜん違うんですよ。

叫んだりすると、しんちゃんっぽい声質が出てきて
ああ、矢島晶子さんなんだなと思わせられます。

絶望先生の智恵先生とか。

そんなこんなで
しんちゃんの声は頑張って作っていると感じさせられます。

スポンサーリンク


しんちゃんの声優は誰に交代するのか

ネットでは早くも次のしんちゃん役は誰か予想したり
立候補とかもしているようですね。

特に20代後半から30代は自分が子供のときに
始まった番組だから衝撃は大きいはず。

この衝撃はドラえもんの大山のぶ代さんが交代したとき
以来な気がします。

ドラえもんの声優が水田わさびさんになったのは2005年のこと。

もうそんなになるのか…。

しんちゃんの声優の交代劇は早くも盛り上がりを見せていますが
我々視聴者はしょせん外野。

声優として生きる人たちにとっては
神の玉座の一つが自分の席になるかもしれないのです。

その意味を考えてみました。

スポンサーリンク


自分がしんちゃんの声優になれたら

クレヨンしんちゃんはサザエさん、ドラえもん、コナン、ポケモンと
肩を並べる長寿アニメ。

しんちゃん役を射止めたら、声優として相当期間安泰ですよね。

声優って最近は入れ替わりが本当に激しい。

今年デビューしたと思ったら、来年には全然名前を聞かなくなったり
することもしばしば。

特に男性よりも女性声優の方がこの傾向にあります。

今、ツイッターとかで盛り上がっている
しんちゃんの声優交代の話で
上がっている声優さんはほんとに大成功しているごくごく一部の声優さん。

その何十倍(もしかしたらそれ以上?)もの声優さんが
事務所に入っただけでなにも役がないまま挫折したり

スマホゲーのキャラに一言しか声を当てたことしかなかったりで
消えていくのです。

大成功している声優さんも、なぜかアイドルみたいに
歌って踊ったりしてる。

そこまで頑張ってるのに収入は
一般企業のサラリーマンがいいとこ。

しかも主役級のキャラをもらっても
ほとんどのアニメは3か月から半年で終わります。

洋画の吹き替えとかの仕事があれば強いですが
不安定収入なのはかわりません。

声優一本で生きられる人はごく一部。

そんな過酷な声優業界、もししんちゃん役を
射止めれば、クレヨンしんちゃんが終わるか
自分が交代するかしない限り、安定収入なのです。

しかも声優としての名声も得られます。

名声は次の名声を呼びます。

今回交代する矢島晶子さんも
しんちゃんだけやってたわけではありません。

名が知られていることで他の仕事も来るのです。

スポンサーリンク


しんちゃんの声優の他の役

今回はクレヨンしんちゃんが始まってからの
矢島晶子さんの声優のお仕事を一部、拾ってみました。

1992年
宇宙の騎士テッカマンブレード(少年)
クッキングパパ(小原えつこ[10])
クレヨンしんちゃん(1992年 – 2018年、野原しんのすけ[11]〈初代〉、矢島みき、殴られウサギ〈初代〉)
ゲンジ通信あげだま(女生徒)
コボちゃん(野原さとし)
超電動ロボ 鉄人28号FX(カイ)
花の魔法使いマリーベル(ビビアン[12])
丸出だめ夫(サラ)
1993年
それいけ!アンパンマン(ドロンコくん)
姫ちゃんのリボン(真佐子)
勇者特急マイトガイン(吉永サリー、リリー)
1994年
白雪姫の伝説(ミルフェ)
七つの海のティコ(トゥピア)
覇王大系リューナイト(パッフィー・パフリシア)
美少女戦士セーラームーンS(玉三郎[13])
ヤマトタケル(カオン)
1995年
オズ・キッズ(ネディ)
おもちゃの国のノディ(テシー)
恐竜冒険記ジュラトリッパー(マルチナ)
新機動戦記ガンダムW(リリーナ・ドーリアン / リリーナ・ピースクラフト[14])
クマのプー太郎(しあわせウサギ)
新世紀エヴァンゲリオン(ウグイス嬢)
天地無用!(1995年 – 1997年、眷皇鬼、幽伎)- 2シリーズ
魔法陣グルグル(アーデンベルグ)
1996年
怪傑ゾロ(ポポロ)
機動戦艦ナデシコ(テラサキ・サユリ、イツキ・カザマ〈第13話の補充パイロット〉)
VS騎士ラムネ&40炎(BQ)
爆走兄弟レッツ&ゴー!!(1996年 – 1997年、三国チイコ、ジョセフィーヌ・グッドウィン)- 2シリーズ
はじめ人間ゴン(星の王子様)
ぼのぼの(ミンミン)
モジャ公(ヒュン)
YAT安心!宇宙旅行(チアキ)
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(天草翔伍〈少年時代〉)
1997年
CLAMP学園探偵団(大川誠心)
剣風伝奇ベルセルク(リッケルト)
ジャングルDEいこう!(泉川真奈見・初代ミイ)
少女革命ウテナ(石蕗美蔓)
超者ライディーン(たける)
バトルアスリーテス 大運動会(アンナ・レスピーギ)
烈火の炎(紅)
1998年
アニメ週刊DX!みいファぷー
こっちむいて!みい子(山田まもる)
ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー(ニボシ、なつみ、プカ)
ヘリタコぷーちゃん(てるてるタコボーズ、メカぷーちゃん)
金田一少年の事件簿(1998年 – 1999年、新谷百合、遊佐チエミ、葉多野春菜)
センチメンタルジャーニー(今中香澄)
DTエイトロン(ドリー)
プリンセスナイン 如月女子高野球部(堀田小春[15])
魔術士オーフェン(マリス)
1999年
エクセルサーガ(コゼット)
臣士魔法劇場 リスキー☆セフティ(深見優雅)
THE ビッグオー(1999年 – 2003年、R・ドロシー・ウェインライト)- 2シリーズ
神風怪盗ジャンヌ(アクセス・タイム[16]、都の母、桜)
セラフィムコール(桜瀬ちなみ)
爆球連発!!スーパービーダマン(黒羽光一)
名探偵コナン(1999年 – 2014年、森由紀子、七川絢〈初代〉、渡辺幸)
wikipediaより

いっぱいありますね!

ゲストキャラが多い印象ですが、何度も登場するキャラも多いです。

しんちゃんを演じたあとは声が荒れてしまい、仕事を断らざるを得ないと
言っていることから、もっとお仕事の依頼はあったと思われます。

名を知られるということはこれほどまでに強い。

私たち視聴者がどう思おうと
業界の人には名前を覚えられるでしょう。

それがこういう世界で生きていくのには大切なことなんだと思います。

スポンサーリンク


でもやっぱり最後は実力だと思う

矢島晶子さんは独特の演技をされますよね。

やっぱり他の人にはできないような演技が
しんちゃんを人気キャラに育てたのだと思います。

今回の交代で選ばれる声優さんは
しんちゃんの重圧に耐えられる人になると思います。

たぶん、しんちゃんに声が似ているという理由では
選ばれないと思います。

それじゃただの声マネですからね。

いままでのしんちゃんのイメージを出せる
声優さんが選ばれることでしょう。

単純に声が似ているとかではなくて
やっぱり演技がモノを言うのではないでしょうか。

ドラえもん役を射止めた水田わさびさんも
それまでは主役と言えるような役はなかったみたいだし

チャンスは声優全般にあるとも言えますね。