4106YKQ8X0L.jpg
amazonより引用
KinKi Kidsの堂本剛さんは映画「銀魂」で高杉晋助役
を演じていました。
91a72-P1FbL._SX425_.jpg
amazonより引用

追記:最新の情報

銀魂2映画キャストに堂本剛が決定!!

真ん中上が剛さん
今年の夏公開予定の「銀魂2」でも
堂本剛さんは高杉晋助役を演じる予定でしたが
出演を辞退した、という話がネット上に走りました。
週刊女性PRIMEにそういう記事があったそうで。

スポンサーリンク


■突発性難聴と戦う堂本剛さん

銀魂の映画を辞退の理由は体調不良だろうとのこと。
堂本剛さんは去年の6月に突発性難聴を発症。
一時は入院する事態になりました。

病状は次第に回復し医師の判断により、完治はしていないものの、舞台での活動を再開。
しかし突発性難聴というのはただ聴力を失うといった単純なものではなく
耳鳴りや、一部の帯域の音のみが聞こえないといった苦しみを伴うものです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


■年末KinKi Kids CONCERTにはヘッドホンをして出演

堂本剛さんは過去に精神的な苦しみを音楽に救われています。
年末のコンサートには無理をしてでも出たかったようで、耳の負担を小さくするために、耳栓をしたうえで
ヘッドフォンを着用していました。

ミュージックステーションでもヘッドフォンを。
mステの出演はリアルタイムで見た人も多いでしょうね。

ヘッドフォンならファッションの一部とも言えなくもないですけど
衣装が決まっている映画撮影となると、ヘッドホンをした状態というわけにはいかないのでしょう。

カメラに目立たない対策が必要となってくる。
そのあたりを考えたら、映画の撮影は、耳にも負担を掛けるものになるかもしれません。

スポンサーリンク


■代役をどうするかであたふたしたらしい

堂本剛さんが辞退するなら代役をどうするか?

ということで、候補に元KAT‐TUNの赤西仁さんが上がったらしいです。
赤西仁さんは元ジャニーズで、現在は退社しています。
代役として、同じ事務所のメンバーを立てることは
あるけれど、退社したタレントを立てることは業界のルールとしてありえないとかなんとか。

とりあえず、サラリーマンの世界で言えば会社やめて別の仕事してる元社員に仕事を頼むようなものでしょうか。
いや、映画制作元はジャニーズじゃないんだからどこに依頼しても自由でしょう。
でもルールとしてだめらしい。

映画製作の現場も面倒なのですね…。
主に制作会社とタレント事務所の関係維持的な面で。
芸能界も基本構造は一般人と同じなのでしょうね…。
会社の力、事務所の力がつよいといったところ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


■結局、堂本剛さんが出演するということに

一度は辞退したものの、何があったのかやっぱり出演するということになったそうです。
なぜ辞退したのか。

そしてまたなぜやっぱり出演することになったのか。
このへんが一番気になるのに、はっきりしないみたいなんですよね。
制作側も堂本剛さんの耳のことを知らないはずはないので、
ジャニーズ事務所と映画スタッフや、監督の連絡の行き違いとかそういう業務連絡のミスなんじゃないかと思うんですが。

辞退の話も本人の希望があったのか、事務所の意向だったのか。
はっきりしない。

そういうわけで赤西仁さんの銀魂キャスティングは
案が出ただけで終わったそうです。

■外部の人からはわからない話

こういう一時的なトラブルがあったよ。

という話であって、これは映画製作関係者が語った話らしいです。
おそらく、記者が堂本剛さんのことを調べていてなにか出来事がなかったかを聞いたところ出てきた話なのでしょう。
しかし、堂本剛さんは、すでに「銀魂2」の撮影をクランクアップしているらしい。

実際に高杉晋助役が変更になっていたら、信憑性のある話なんですけど、結果的には堂本剛さんは出演しているのでこの映画製作関係者の言ったことが本当にあったことなのかは謎。

事実かもしれないし、なにかの勘違いかもしれない。
記者の人は映画の製作委員会に確認をとっているみたいですけど「そのような事実はありません」とのこと。
やっぱりちょっとした連絡の行き違いで、だれもトラブルとしてすら認識してないんじゃないかな…。

■銀魂の映画や、ジャニーズに興味のある人向けの話

そもそもかなりの確率で酷評を受ける少年漫画の実写化。
銀魂の映画は珍しく評価が高い貴重な作品だったようです。
興行収入は38億円超えだとか。
ヒットの理由は、コメディ要素を意識したことで原作ファンを納得させたことが大きいとか。
確かに失敗する実写化は、シリアス路線のものが多い気がしますね。
あと私個人の意見なんですけど、キャラクターのデザインが実写とマッチしたものだから
ビジュアル的にも違和感が小さかったんじゃないかなと思いました。
続編が作られているという事実を初めて知った人も多いのではないでしょうか。

私は堂本剛さんも銀魂も好きなので見てみようかな…。