21A2FFGNQZL.jpg
amazonより引用
実写映画「銀魂」もそうですが
割とドラマや映画に出演している堂本剛さん。
ジャニーズですから、そりゃそうだ、と
言えばそうなんですけれど、あまり
ドラマとか映画というイメージがないのは私だけでしょうか。
それでも堂本剛さんのドラマで記憶にしっかり残っているものもあります。
私は堂本剛さんが主演をしたドラマ
金田一少年の事件簿が一番記憶に残っています。
ちょうど子供のときにアニメもやってたからかもしれませんね。

で、本題なのですが、堂本剛さんのドラマがでてくる作品でdvdとかvhsとかで出ていない作品があります。

再放送はされたらしいけれど、レンタルすらないとか。
でも香港ではソフト化されてるらしい。

41hDpZ67w5L.jpg
アマゾンより引用
向井荒太の動物日記 愛犬ロシナンテの災難
という作品なんですけど。
さんファンにとっては知ってて当然なんでしょうけど私は
「子供のころ堂本剛が好きだったから今もなんとなく好き」
って程度の「にわか」なのでソフト化されてない理由を調べてみました。

(画像のようにサントラは出ています)

スポンサーリンク


スポンサーリンク


■ソフト化されていない理由は何なのか。

ネットの情報を私なりにまとめてみると
ワイドショーで「日テレで人気漫画「動物のお医者さん」が堂本剛主演でドラマ化」
と報道されたが、実際には違った。

でも動物を題材にしたいろいろ共通点があるドラマだった、ということらしいです。
ワイドショーの誤報だったのか、出版社の許可もおりていないのに早とちりしたのか。

たしかにこのあたりにdvdになってない理由はありそうです。
ジャニーズありきの内容になるのを嫌がって、白泉社がドラマ化を
拒否した、という推測がありますが、私はこれが有力かな、と思います。

だって二年後にテレビ朝日でドラマ化されてますしね。
ジャニーズなしで。
動物愛護団体からのクレームがあったという説もあるみたいですがそれなら再放送なんてされないと思うし、それはないと思います。
そんなウワサが立つのは、それなりに過酷な現実も描いているからという理由でしょう。
登場人物のキャラ付けも「動物のお医者さん」とよく似ているといわれています。

白泉社にドラマ化を拒否されたのならなぜここまで酷似した設定を使ったのか。
もっと別のドラマに変更すればよかったのに。

スポンサーリンク


■ここからは私の勝手な想像

ドラマ化が拒否されると思っておらず、
キャストとかももうすでに固まっていていろいろなことが同時進行で制作されていたのではないかと私は思います。

割り当てられた予算を使ってしまったのでいまさらなしにはできないし、完全に別のものを作るには予算が足りない。
上に掛け合っても新たに予算が下りる可能性は低い。

で変更できたのが、脚本とかタイトルくらいだったのかな?
企画自体を大きく作り直す時間もない。

まあ、そうだとしたらそれでもテーマ性の深い脚本を用意できた脚本家の人とかの能力がすばらしいということになりそうですけれど。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


■創作の世界において「パクリ」認定は最大の恐怖

向井荒太の動物日記 愛犬ロシナンテの災難」が
放送されたのは2001年。
ネットの普及率もそこまで高くなかったのに、今現在もなぜソフト化されていないのか、謎として残っているのですから
当時はもっとウワサになっていたのではないかと。
内容は重く、人間の業の深さを考えさせられるいい作品なのに
「日テレが動物のお医者さんをパクった作品」
なんて言われかねない。
dvd化なんてしたら、黒歴史(?)を公然のものにしてしまう。
だから
「やめとこうよ」
ということになったのでしょう。
(別にこの作品が駄作というわけじゃないですよ。
むしろ涙なしではみられないかも)
遠い香港の地でなぜかvhsかdvdかはわかりませんがソフト化されたのは、あっちでは「動物のお医者さん」が有名じゃないから?
よくわかりませんが…。

もしかしたらネットのウワサは全て的外れで当時の業界的にはソフト化できないような内容だったとか別の理由があるのかもしれません。
わざわざこうして書きとめるのには理由があってどんな業界でも、一部の関係者意外は知ることができないこと。

知ろうとしても、もう昔のことで、関係した人たちも正確に語ろうとしても忘れてしまっていること。
そんなことがいっぱいあるんだろうな、と思ったからです。
だいたい仕事なんて役割分担が基本で、一人が全て把握してることなんてまれなこと。
その仕事が終わったら、次の仕事があって、前の仕事のことなんて記憶が薄らいでいくわけです。

そんなこんなでこの作品が正式にdvdやブルーレイになることは永遠にないだろう。
一般人は正確な真相を知ることはないだろう。
そして関係者すらも、もううろ覚えだろう。
なにか強烈な理由でこの作品にスポットが当たらない限りは。
でもyoutubeに動画は上がっているようです。
検索すれば簡単に見つかりますよ。
お時間があれば見てはいかがでしょうか。