みなさんは田中圭さんがドラマで「男性にモテる男性」を演じているのをご存知でしょうか?
そのドラマの名は「おっさんずラブ」。
放送開始は4月21日土曜日深夜0:40~1:40。
テレビ朝日系のナイトドラマなので目立たない存在でしたが
放送回数を追うごとに話題性はうなぎのぼり。

その出来のよさから、最近急に注目されています。

スポンサーリンク


「おっさんずラブ」とは?

2016年に単発ドラマとして放送され、反響が良かったのでドラマ化。
この単発ドラマ自体が2016年12月31日0時40分から1時40分という放送時間だったため
存在をあまりしられていませんでした。
年末の深夜におっさん同士の恋愛を描くというのも劇的ではありますよね。

ストーリーは女好きで仕事ができない、
平凡でモテない主人公のサラリーマン春田創一が
上司の黒澤武蔵と後輩の牧凌太に同時に告白されるというもの。

いわゆるノーマルで、男性に恋心を抱くことのなかった創一は
戸惑うものの、本気の二人の男性と向き合っていくことになります。

営業成績は最下位な平凡な春田創一に恋するのは
全く逆の立ち位置の二人。
人望のある優秀な上司、黒澤武蔵。
春田創一の後輩で、会社からの期待も大きい牧凌太。

このちぐはぐさが面白い。
創一をめぐり、エリートなのに仕事ではなくて恋で上司の黒澤に
対抗心を燃やす牧もおもしろい。

展開はテンポがよく、笑いの要素がうまくちりばめてあり非常に見やすい。
やはり男性同士の恋愛ということで、見ることを躊躇うひとも
入り込みやすい作りは非常に好感が持てます。

そして見ているうちに、恋に真剣なおっさんたちが可愛く見えてくるから不思議。
笑いの要素だけではなくて、主人公と二人の男性の見ているものの違いや
なかなか黒澤と牧が理解できなくて、こころがすれ違う春田。

このあたりが見せる展開がけっこう切なかったり、シリアスだったりして
考えさせられるものがあります。

またドラマ本編以外でもナイトドラマにもかかわらず様々な企画を行っていて
スタッフの本気度が伺えます。

スポンサーリンク


田中圭と平凡なおっさんの奇跡の親和性!

主人公、春田創一を演じる田中圭さんはさわやかイケメンを売り
にした俳優です。
しかし、脇役が多く、ブレイクしきれない、平凡な立ち位置でした。

その原因はまさに「平凡」だから。
イケメンであるにも関わらず、平凡という稀な存在。
さわやかで清潔感があるのに、強烈なインパクトはない。
名前すらも平凡。
次々とイケメンで尖った俳優がスポットライトを浴びる中
注目されるのは難しかったのです。

しかし今回、あえてイケメンという売りを捨て
平凡という役柄を得ることで、春田創一というキャラクターに
リアルな存在感を与えることになりました。

ダメダメだけどイケメン、でも平凡な主人公という姿は、
カメラワークの巧みさもあって、男に愛されるキャラクターという存在に
説得力を与えているのです。

ドラマは3話を迎え、そろそろおっさん3人の関係にも
大きな変化が訪れそうな予感。
いや、訪れないのか?

彼らがどう自分の心に結論をだすのか。
いろいろ想像するのも楽しみかもしれませんね。