ニュースZEROの最低賃金男性の特集が話題を呼んでいますね。

なんでも手取り23万円で食費4万円は高いとか、普通とか、独身でその食費はかかりすぎとか。

残業300時間でその手取りはブラックすぎるとかいろいろ。

ここではなぜツイッタートレンドになるほど議論されるのか、この男性が特殊なのか、個人的に考えてみます。

スポンサーリンク


違和感は特集の不透明感にある

まず、特集によると、この男性は手取りから保険料をだしているようです。

手取りとは、総支給額からもろもろの税金は保険料を天引きされたもの。

つまりこの男性は、会社員として入る保険以外のものに加入しているということになります。

がん保険やその他生命保険などいろいろあるでしょう。

ただこの男性、年金も手取りから出しているようなんですよね。

つまり、本来総支給額から天引きされるべき厚生年金なども手取りから払っている可能性があるということ。

この点が不透明なんですよね。

個人情報なので、細かい支出の内訳を公開できないのは理解できますが、円グラフに年金と言う項目があるのがおかしい。

残業300時間という点からもブラック企業に勤めている可能性はあります。

スポンサーリンク


中古の洗濯機も買えないのか

勤めている企業はブラック企業かもしれません。

しかし、そうとも確定できないところもあります。

特集された男性は昨年洗濯機が壊れてしまって、コインランドリーを使っていると言っています。

洗濯機は、中古であれば1万円しないものも多くあります。

コインランドリーを使うと、長い目で見れば、洗濯機を新しく購入するよりも損をしてしまうことでしょう。

はっきり言って、いくら仕事が大変でもズボラではないかと感じてしまうのです。

手取り23万でお金がないようなことを言っているこの男性ですが、本人の金銭感覚や要領が悪い可能性が十分あります。

残業300時間と言っていますが、本人の仕事効率が悪い可能性も無きにしもあらずです。

また残業代が全額払われないということも言っていますが、はっきり言って、残業代が出るだけでも優良企業だと個人的には感じます。

普通、残業代の支給には上限があるのではないでしょうか?

これは私個人の労働経験だけを元にしているので異論があって当然ですが、昨今は働き方改革の影響で、残業代は出ないのが当然という企業も多いです。

スポンサーリンク


脳に栄養が行っていないのではないか

食費4万で平日はおにぎり2個、それで4万はいかないだろ、というツッコミもありますが、食事を抜くことが多いというこの男性、栄養が足りてない可能性もあります。

脳がしっかり働いていれば、自覚できない部分で行動の合理性や効率に大きな影響がでてきます。

また、無理な我慢をすることで、逆に食欲が暴発して無駄に高いものをたべてしまうことも。

ニュースゼロの特集はツッコミが多いものでしたが、栄養不足、これだけははっきり言えるのではないでしょうか。